FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森下くるみの無料動画

秋田県立秋田工業高等学校を卒業後、東京の食品輸入販売会社で働いていた時に、都内でスカウトされ、1998年9月に『うぶ』(ソフト・オン・デマンド)でデビュー。インディーズAVメーカー初の専属女優として、当時としては常識外れであった12本もの出演契約を結んだことで話題を呼んだ(後に契約はさらに延長された)。

初期の出演作では、その無垢な美少女のイメージによって多くのファンを獲得し、ロリータ系AV女優としてトップクラスの人気を得た。AVに加え、写真集を含むグラビア活動でも広く認知され、一部のマニア向けのものとされていたインディーズAVの購入者層を大きく拡げたとも言われる。出演作品の多くはTOHJIROの制作によるもので、4作目の『暴行』以降、作品を追うごとに内容がハードになり、12作目の『AV女優』では故郷の実家・友人をAV女優として訪問するという演出までもがなされている。2000年代以降はぶっかけものにも数多く出演。『ザーメン・バトル・ロワイヤル』で1度に100人以上の精液を浴びたこともある。

2002年にソフト・オン・デマンドを離れ、TOHJIROが設立したドグマの専属となり、2006年現在に至るまで出演を続けている。2005年以降はやや新作のリリースペースが落ちているが、依然として、根強い人気を誇っている。

公式ウェブサイトやブログでアレハンドロ・ホドロフスキーの映画を好みに挙げ、キース・ジャレット、友川かずき、キング・クリムゾン等のミュージシャンに言及するなど深い趣味を持っている。近年はクラブイベントに出演する機会も多く、雑誌のコラムなどで執筆活動も行っている。


mkbf_01.wmv


mkbf_02.wmv

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。